ダイエットサプリ

MENU

ダイエットサプリの効果がさらにUPする6つの方法


縄跳びダイエット

縄跳び…というと、「こどもの頃に遊んだもの」というイメージが強いかもしれませんが、今、とても有効なダイエットの手段として注目されているのをご存知でしょうか?

その理由の一つに、テクニックが不要でシンプルに飛び続けるだけで効率的に脂肪が燃焼される、というのがあります。
二重跳びならいっそうカロリーが消費されるのは事実ですが、大切なのは安定して飛び続けること。
テレビを見ながら、好きな音楽を聴きながらで構いません。
激しい運動ではないので、室内でも行うことができます。

縄跳びなら、ダイエット器具にありがちな高額な先行投資も、物を置く場所を考えることも不要です。
気軽に、安く、誰でも始めることができます。
使用する筋肉も全体的で、なかでも血液の循環に大きく関わるふくらはぎ周辺の筋肉を効果的に鍛えられるので、基礎代謝を高めたり、老廃物の排出をうながす効果も期待できます。

ウォーキング・ストレッチダイエット

ウォーキングが健康維持に効果的なのはよく知られていますが、実はただ歩くだけでは効果が充分に出ないのです。
凝り固まった体を急に動かしても、血流が悪いので酸素は全身に行き渡りません。
有酸素運動として効果を出すためには、ウォーキング前と後のストレッチが重要となってきます。

ストレッチとして取り入れやすいのが、背伸びや屈伸です。
過度に行う必要はないので、まずは気持ち良いと思える範囲から徐々に進めていきましょう。
筋肉にたまった老廃物をストレッチで押し出すことで、血行がよくなり脂肪燃焼効果が上がります。
夜間にウォーキングをする方が多くいますが、その場合は反射板や明るい色味の服装を心がけるなどして、安全面には充分に注意をしてください。

ジムでエクササイズ

専門知識のあるトレーナー、部位別に効果を出せるマシーン、快適な空調…ダイエットの代名詞といっても過言ではありません。
実際、私も年会費と月謝を払ってジム通いをしていた時期がありました。
効果も出ますし、同じジムで友人が出来るといった楽しみもあります。

ただ、仕事や家庭の用事で忙しい時期はあまり通うことが出来ず、「行ったときしか運動しない」という悪い習慣にしてしまう事もありました。
スケジュールの管理、そしてジムに行くとき以外でも手軽に行えるエクササイズを日常的に行うことが必要と言えます。

ヨガはダイエットに効く?

ヨガというと体が柔らかいひと向けと思われがちですが、体が固いかたほど効果があるといっても過言ではありません。
固いということは、それだけ筋肉の中に老廃物を溜め込みやすいということ。

最初は簡単なポーズすら辛いかもしれませんが、ヨガによる姿勢の矯正や呼吸法で内側からじわじわと体を変えていくことができます。
深い呼吸で行うヨガは、有酸素運動としてとても有効です。
リラックスして自分のペースで行えるため、ストレス解消も期待できます。

ヨガの本も多く販売されているので気軽に始めることができますが、きちんと効果を上げるためにはまずはヨガの教室で正しいポイントを教わることをオススメします。

フラフープで楽しくダイエット

フラフープは、もともとエクササイズの道具と言うことはご存知でしょうか。
見た目とは裏腹に、意外とカロリーの消費が大きいのも特徴で水泳並みといわれています。

有酸素運動としても効果的で、腰周りのインナーマッスルを鍛えることにより全身の基礎代謝のアップが望めます。
室内でも騒音など気にせずに行えるのも魅力的です。

ただし、安定して回すコツを掴むまでに少々時間を取るかもしれません。

トランポリンでダイエット

トランポリンで5分の運動をすると、1km走るのと同じカロリー消費だと言われるほど運動効果の高さが注目されています。
高く飛ぶ必要は無く、不安定な足場でいかに姿勢をキープするかが重要となります。
体幹を鍛えることで、猫背や肩こりの改善も期待できます。

注意する点は、食後は避けること。
最低でも30分は空けるようにしましょう。
そう高く飛ばないとはいえ、振動や騒音への配慮も必要です。
アパートやマンションなど階下への迷惑にならないように、防振マットを利用するのも良いでしょう。



6つのダイエット方法について紹介させていただきましたが、まずは「縄跳びダイエット」から取り掛かることをオススメします。

体に無理がない、どこでもできる、初期投資が安いという点でも優れていますし、何より気軽さと効果の高さは抜群です。
よりしっかりと効果を出したい方には、ダイエットサプリの併用はいかがでしょうか。
ダイエット初日から食事制限をしてストレスを抱えるより、まずは気軽に運動&ダイエットサプリで徐々に効果を出してモチベーションを高めていくのです。

最初からハードなスケジュールでは体も心も疲れてしまいますが、テレビを見ながらゆったり20分の縄跳び、食事のついでにダイエットサプリ、これをまず1週間続けてみましょう。
無理なく、長く続けていくことがダイエットには不可欠です。
縄跳びとダイエットサプリで、気軽で息の長いダイエット生活をスタートしてはいかがでしょうか。
更新履歴