断食ダイエット

MENU

話題の断食ダイエットで短時間・短期間で痩せる

断食というとなんだか辛く厳しそうなイメージが強いですが、短期間の断食であれば体も精神面でもそうストレスは強くないようです。
むしろ、心身ともにスッキリするという声が多く聞かれています。

自宅で行う場合は、長くても2日間といわれています。
前日の昼から徐々に食事量をセーブしていき、お酒やコーヒーなども控えます。
タバコ、甘いものなどの嗜好品も避けてください。

断食当日は、水分をこまめにとりながら読書や散歩などで穏やかにすごしましょう。
夕方に空腹のピークが訪れますが、そこをこえればスッキリとした朝を迎えることができます。
朝食はゆるめのお粥で、しっかり噛みながら。
昼夜共に、あまり多く食べることは避けたほうが良いでしょう。

断食によって、日ごろの暴食で消化吸収に大きなエネルギーを使い疲れ果てていた胃腸をしっかり休め、体が老廃物を排出することに専念できる環境を作るのです。
不要なものが体から出て行った結果として、ダイエットが成功しているのです。

しかし、断食ダイエットは体をゆっくり休められない状況では危険です。
カロリーの摂取をしてない以上、仕事でばたばたと動き回る日は低血糖で倒れる可能性がありますし、もちろん車の運転にも不適です。
また、2日以上の断食を行う場合は必ず専門の施設で行ってください。

置き換えダイエット

しかし、食べること自体が趣味と言う方も多いのではないでしょうか。
断食当日とその前後日は食事が自由にならないというストレスを前にすると、なかなか挑戦できないものです。
お酒やタバコまで断つとなると、たった一日でも無理だという方もいます。
そういった方に支持を得ているのが置き換えダイエットです。

一日三食のうちのどれか一食を低カロリーのダイエット食品に置き換える、というものです。
食事の自由度は下がるものの、スイーツのような味と満腹感で「ダイエットしてるのに甘いものが食べられる」という喜びもあり、比較的続けやすいようです。

低カロリーのダイエット食品には、日常生活を送る上での最低限のカロリーや栄養素が含まれていますが、どうしても味が限られるのが難点です。
味がたとえ5種類あったとしても、一週間のうち二日は同じものを食べることになってしまいます。
食べることが趣味の方の場合、そこは大きなハードルになるようです。

痩せる食事

食事の内容や食べ方によっても、痩せることができます。
例えば夜中に甘いものを大量に食べれば太ることはすぐ分かりますが、では逆に何時ごろに食べれば痩せられるのでしょうか。
血糖値の観点から言えば、朝の7時ごろ、昼の11時ごろ、夕方の17時ごろが、摂取したカロリーが脂肪になりにくいといわれています。

そして、3時のおやつも実は太りにくい時間。
食事の内容を制限するのが辛い方は、朝食はボリュームも内容も自由、昼食は少し控えめ、おやつは100〜150キロカロリー、夕飯は野菜が中心で温かい飲み物と一緒にとるのがオススメです。

どうしても天丼が食べたいならば、朝食ならば構いません。
昼食は出来れば和定食のように一汁三菜が望ましいですが、外食などでそうもいかないのであればせめてサラダをプラスしましょう。
夕飯は温野菜や鍋が満足感も出やすくて良いですね。冷たい野菜はお皿に山盛りにしても実際はそう多く食べられません。

温めることによりかさが減るのでより多く野菜をとることができますし、ゆっくりと食べることに繋がるので満腹中枢が刺激されます。

おやつはあくまで楽しみとして100〜150キロカロリーとしていますが、スナック菓子やチョコレートではほんの一握りにしかなりません。
ある程度食べたという満足感が欲しい方はカロリーオフのゼリーや果物、ヨーグルトが良いでしょう。

おかゆ、雑炊、玄米ダイエット

炭水化物の食べ方を変えることで痩せるという方法があります。
おかゆダイエットは、普通の白米をおかゆに変えることでかさを増し、満腹感を得る方法です。
おかゆに合うおかずがあっさりしたものが多いのも、全体のカロリーを下げることに繋がっています。

しかし、腹持ちが悪いのが問題です。
おかゆダイエットをする場合は、夕食が良いでしょう。

雑炊ダイエットは、三食のうち一食を完全に雑炊だけにしてしまうダイエット法です。
雑炊とはいえ、だしを変えたり具材を変えたり出来るので、意外とバリエーションは広いものです。
鍋ひとつで出来る手軽さも嬉しいですね。

雑炊とはいえお米がメインではどうしてもカロリーは上がりがちなので、刻んだ野菜をたっぷり入れたり、大根おろしを添えるなど工夫すると野菜もとれて一石二鳥です。
しかし、おかゆダイエットと同様に腹持ちはあまり良くありません。
こちらも夕食向きと言えるでしょう。

あまり遅くまで起きていると空腹感に負けそうになるので、早寝早起きで朝食を楽しみにしましょう。

玄米ダイエットは、健康効果は高いものの好みが分かれるかもしれません。
玄米は食物繊維が豊富で、お通じの改善から老廃物の排出が期待できます。
しかし人によっては消化不良を起こしたり、味や固さになじめない方もいるようです。

そんな時は、発芽玄米をまずは少量白米に混ぜて炊くことをオススメします。
ダイエットと言う面では即効性はないかもしれませんが、体の内側から徐々にきれいになっていく事はとても大切です。

水、お茶、コーヒーダイエット

この3つのダイエット法に共通しているのが、老廃物の排出をスムーズにさせるという点です。
飲むだけで痩せられるものではありませんが、必要なサポートとなります。
お茶であれば脂肪の吸収の抑制、食物繊維によるお通じの改善、コーヒーならカフェインの脂肪燃焼効果が望めます。

下剤、漢方ダイエット

日常のお通じがスムーズでない方は、まず下剤ダイエットを試しても良いかもしれません。
腸内が正常に動いていないと、体全体を美しく仕上げるのは難しいからです。
ドラッグストア等で購入できますが、作用の強さは薬剤師の方に相談しながら決めていきましょう。

漢方ダイエットでは、体質の改善がメインとなります。
体全体のバランスが崩れてしまい太りやすい体質になってしまっている現状を、まずは乱れを整え、結果として健康的に痩せることを目指します。
冷えやむくみが原因で代謝が落ちている体を立て直していくのですが、即効性と言うよりはじわじわと変化していうタイプのダイエットです。




このように、ダイエットにも様々なタイプがあります。
どれにもメリットやデメリットがあり、ひとりひとりのライフスタイルに必ずしも合うとは言えません。

そんな中で気軽に取り入れられてストレスが少ないのが、ダイエットサプリです。
毎日規定量を飲むだけですので、ライフスタイルに左右されることもありません。
脂肪の燃焼、代謝の促進、カロリーの吸収を防ぐ等の成分が配合されている事が多いです。
物によってはお腹の調子を整える、生活習慣病予防等の成分が配合されているものもあるので、体調や体質によって選ぶことができます。

ダイエットサプリを取り入れることによって、日常のちょっとした運動でもより効果的にダイエットにつなげることができます。
綺麗に痩せたいけど何から手を付けたら良いか分からない、食事制限や運動は続かないという方、忙しくてダイエットのスケジュールを組むのが難しい方は、まずダイエットサプリから始めることをオススメします。

そして、少し体が軽くなってきたところで様々なダイエットの中から自分に向いていそうなものをじっくり探すのです。
ダイエットサプリは、美しいスタイルつくりの力強い後押しをしてくれます。
まずは気軽に取り入れてみてはいかがですか。