お腹ダイエット

MENU
ダイエットサプリを飲んで、効果的にダイエットをする方法をご紹介します。

なぜわざわざダイエットサプリを飲むかと言うと
ダイエットに向いたコンディションに体を内側から整えるため
です。

やみくもに筋力トレーニングをしても効果は出にくく、その割に疲労感ばかりが残り…それでは理想の体型に行きつく前に力つきてしまいます。
ダイエットサプリを飲んで、まずは気になるお腹からダイエットしていきましょう。

腹筋効果でお腹ダイエット

腹筋といえばとにかく回数をこなすものというイメージがありますが、実際は「回数=効果」ではありません。
負荷のかけ方次第では、まったく効果が無いと言っても過言ではないのです。

初心者の方でも始めやすいのが、寝転んでおへそを見るタイプの腹筋運動です。
仰向けになり両手のひらはおへその上に置きます。
そして、上体を45度までゆっくりと起こし3秒キープ、またゆっくりと床に背をつけます。
このゆっくりが大きなポイントです。

体を起こし、また戻すときに手のひらでは腹筋がしっかりと張るのを確認しながらまず5回。
3分休んでまた5回…これをちょっとキツイと思うまで繰り返します。
翌日は筋肉痛になっているかもしれませんが、そこで2〜3日はお休みして、またキツイと思うまでの回数を行います。

筋肉は酷使した後にしっかり休ませることで、新しい筋肉を作っていきます。
ダイエットサプリでカロリーを燃焼しやすい状態になっていますし、アミノ酸系の成分が含まれているものでしたら回復が早まる効果も期待できます。

背中ダイエット

下着の上に乗ってしまう背中のお肉、これはとても印象が悪いものです。
しかし、どう運動すればよいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

背中のダイエットは、まずうつ伏せになって両手を腰の上で組みます。
そして、ゆっくりと上体を起こします。
3秒キープ、またゆっくりと体を戻します。
お腹ダイエットと同様に、数回繰り返して2〜3日休みます。

腹筋がお休みの日にこちらを行っても良いです。
ダイエットサプリを毎日飲んでいることで、ダイエットをしている意識はキープされています。
うっかり筋力トレーニングを忘れてしまうなんてことは少ないのではないでしょうか。

ウエストダイエット

こちらは筋力トレーニングよりもエクササイズが有効といわれています。
その中でも8の字に腰を回すエクササイズが注目されています。

お腹とお尻に力を入れた状態で腰を8の字に回すのですが、その際インナーマッスルを意識してくびれの部分にしっかり効いているのを感じてください。
8回が1セット、一日8セット行うのが効果的です。
テレビを見ながら、音楽を聴きながら、日常の中にダイエットサプリと同じようにうまく取り入れていきましょう。

ふとももダイエット

なかなか頑固な脂肪が付いてしまいやすいのがふとももです。
短期間で落とすというより、じわじわ引き締めていくストレッチがオススメです。

椅子に座り、クッションをふとももに挟んで姿勢を正します。
両手は頭の後ろで組むと力が入りやすいです。
腹筋に力を入れ、息を吐きながらふとももでクッションを強く挟みます。
これを20回繰り返してください。

ダイエットサプリによってより脂肪が燃焼しやすい体にコンディションを持っていってるので、地味なストレッチながら意外と効果が実感できます。

ふくらはぎダイエット

きゅっと締まったふくらはぎは、脚全体の印象をガラッと変えてくれます。
実はふくらはぎは太って見える原因の多くは、むくみ。

ダイエットサプリによって体の代謝は上がっているので、あとは滞っているリンパの流れを良くするエクササイズを行うだけ。
階段を上る際にかかとをつけずに背すじ良く登っていくと、ふくらはぎが適度に刺激されてむくみ改善に効果が望めます。


ダイエットというと激しい運動や大量の汗をかくイメージがありますが、実はゆるやかな運動でもしっかり効果を出せるものです。
ダイエットサプリを活用する事で、そういった運動でもより効果が高く望めます。
無理ながんばりは結局は続きませんし、リバウンドも大きいもの。

日常の中に上手に運動を取り入れ、ダイエットサプリがその効果を底上げしてくれる。
ダイエットサプリはきっと、ダイエットの心強い相棒になってくれることでしょう。